「オール沖縄」に風穴 西銘氏、悲願の選挙区奪還 辺野古容認で国政初勝利 沖縄4区 衆院選

5期目の当選を決め、比例で当選した公明の遠山清彦氏とともにバンザイ三唱する西銘恒三郎氏(中央)=23日未明、選対本部
5期目の当選を決め、比例で当選した公明の遠山清彦氏とともにバンザイ三唱する西銘恒三郎氏(中央)=23日未明、選対本部

 衆院選沖縄4区の開票が23日行われ、自民現職の西銘恒三郎氏(63)=公明推薦=が8万2199票を獲得、無所属前職の仲里利信氏(80)に6312票差をつけ、悲願の議席奪還を果たした。西銘氏は5期目当選。翁長雄志知事を支持し、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する野党「オール沖縄」勢力は、2014年の知事選以来、国政選挙で初めて敗北した。「オール沖縄」勢力の牙城に風穴が開いたことで、来年の名護市長選、知事選に向け、自民は反転攻勢の足がかりをつかんだ。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest