希望の党が衆院選で…

 希望の党が衆院選で伸び悩んだ理由が、小池百合子代表の「排除」発言だとされているが俗説だろう。一時、保守二大政党制の幕開けと政権交代の期待を一身に集めた党としては、希望はあまりにも準備不足、力不足だった◆小池代表の街頭演説から、既に希望ではなく失望を誘った。ニュータイプの野党として、どのような国家像を語るのか耳を澄ませたが、衝いて出た言葉は旧態依然とした「安倍一強」「モリカケ」批判。これでは従来の民進党などと何も変わらない◆公約も「ユリノミクス」などの言葉だけが先行。具体的なイメージが感じられず、何がしたいのかよく分からなかった◆そして何より、急ごしらえの候補者たち。一方では民進党からの移動組、他方では知名度も実績もない「風頼み」の新人。沖縄では推薦を出したが、独自候補は立てられなかった。問題は急な解散で、じっくりと腰を据えて新党を構築する時間的余裕がなかったことだろう。勝負に出るタイミングが誤算だったのか。それでも野党第二党の座は確保しており、今後の実績しだいで希望は持てる◆以前に本欄でも触れたように、小池氏の政治家としての優秀性は疑う余地はない。だが、いかに天才でも準備不足のまま、勝負勘だけで百戦百勝は無理ということだろう。