県出身4人がプロ指名 平良、西武から4位

西武から指名を受けた八商工の平良投手を胴上げで祝う関係者ら=26日夜、八重山商工グランド
西武から指名を受けた八商工の平良投手を胴上げで祝う関係者ら=26日夜、八重山商工グランド

 プロ野球の新人選手権選択会議(ドラフト会議)が26日午後5時から東京都内ホテルで開かれ、沖縄から日本生命の神里和毅外野手(糸満高―中央大)=南風原町出身=が横浜から2位、NTT西日本の大城卓三捕手(首里中―東海大相模高―東海大)=那覇市出身=が巨人から3位、八重山商工高校の平良海馬投手=石垣市出身=が西武から4位、岐阜経済大の與座海人投手(沖縄尚学高)=浦添市出身=が西武から5位指名を受けた。
 このうち平良は八重山から5人目、八商工から4人目のプロ野球選手となる。母校では後輩たちによる歓喜の胴上げがあり、平良が何度も宙に舞った。