本島きょう暴風域 昼ごろ最接近、警戒呼び掛け 台風22号

台風22号は27日、沖縄の南の海上を北寄りに進んだ。28日昼前に沖縄本島と周辺離島を暴風域に巻き込み、同日昼過ぎに最接近する見通し。気象庁は厳重な警戒を呼び掛けている。
 沖縄本島周辺は27日、強風域に入った。台風は28日午前6時には那覇市の南約15㌔に達し、29日から30日にかけ、九州から本州の南海上を東に進む見通し。沖縄本島周辺が暴風域を抜けるのは29日未明から明け方と見られる。前線や台風の雨雲で、大雨に警戒が必要だ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest