子の貧困、MICEを追加 新たに施策展開へ 21世紀ビジョン 沖縄県

 【那覇】県は1日、おおむね2030年のあるべき沖縄の姿を描く「沖縄21世紀ビジョン」の後期実施計画を公表した。前期実施計画からの新たな施策展開として「子どもの貧困対策」「MICE(マイス)」関連の計3項目を追加した。計画期間は今年度から5年間。

 21世紀ビジョンは、基本方向や基本施策を示した「基本計画」の計画期間が12年度から10年間。基本計画の基本政策を具体化するための「実施計画」は前期と後期に分かれ、「前期実施計画」の計画期間が12年度から5年間だった。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest