地区代表6人決まる 小・中学生が熱弁 童話・お話・意見発表大会

童話・お話・意見発表大会で八重山地区代表者が決まった=3日、新川小学校
童話・お話・意見発表大会で八重山地区代表者が決まった=3日、新川小学校

 八重山地区PTA連合会(上間喜仁会長)主催の2017年度八重山地区小中学校童話・お話・意見発表大会が3日、新川小学校で開かれ、身振りを交えて熱弁をふるった。審査の結果、八重山地区代表の6人が決定。6人は12月に那覇市で開かれる県大会に出場する。

 最優秀賞には、寺尾紬君(波照間小3年・「てんぐとひょうしょう」)、玉代勢ゆなさん(黒島小3年・「ともだちほしいな おおかみくん」)、増田健琉(真喜良小6年・「笑顔は世界の共通語」)、武田結菜(登野城小6年・「夢の舞台に向かって」)、奥平琉斗(石垣第二中3年・「『想像力』を持って」)、世持愛菜(白保中3年・「地域に貢献できる人として」)が選ばれた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest