与那国島に珍鳥続出 台風で渡りルート外れも

コハクチョウ
コハクチョウ

 【与那国】島は、春、秋の季節は渡り鳥の通過地点。10月下旬の台風22号の接近後、珍鳥が続々と飛来している様子が確認されている。10月28日には、世界的な希少種のクロツラヘラサギ(コウノトリ目トキ科)2羽が、久部良にある沼地久部良ミットゥで。同月29日には、南アフリカやオーストラリア、南アジアに生息し日本では観察記録が少ないという迷鳥カンムリオウチュウ(スズメ目オウチュウ科)が満田原の水田跡地周辺で。31日には、自宅から久部良ミットゥを眺めていた上里安さんがコハクチョウ(カモ目カモ科)4羽を確認した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest