SNS使い高齢者虐待も 林田氏、研修会で講話

高齢者虐待防止研修会が開かれた=7日夜、石垣市健康福祉センター
高齢者虐待防止研修会が開かれた=7日夜、石垣市健康福祉センター

石垣市地域包括支援センター主催の高齢者虐待防止研修会が7日夜、石垣市健康福祉センターで開かれた。講師にはNPO法人ミニケアホーム「きみさんち」の理事長、林田俊弘氏が招かれ、「施設で働く職員が、高齢者虐待にどう向き合えばいいのか」と題して講話。SNSを使って入居者の写真などを拡散する例を出し、高齢者虐待事情を解説した。
 虐待のタイプとして「感情ブチ切れ型」と「もてあそび型」に分類して紹介。もてあそび型の例として、入居者が嫌がっているにも関わらず写真を撮ってSNSで拡散することや、言うことを聞かない入居者にプロレス技の四の字固めをかけていた事例を示した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest