オホホの舞に観客沸く 西表島節祭 厳かにアンガー行列

 西表島最大の伝統行事、節祭の奉納芸能が9日、祖納、干立、船浮の各集落で行われ、前夜までの大雨が嘘のような晴天の下、黒頭巾をかぶったフダチミやミリク、こっけいなしぐさで笑いを誘うオホホなどの奉納を郷友や観光客らが楽しんだ。

 節祭は500年以上の歴史があるとされており、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest