沖縄経済、千載一遇のチャンス 富川副知事、中台と経済圏を

講演する富川副知事。一人当たりの県民所得がⅤ字回復しており、経済発展を進め、貧困問題の解決に導くとした=9日、ラグナガーデンホテル
講演する富川副知事。一人当たりの県民所得がⅤ字回復しており、経済発展を進め、貧困問題の解決に導くとした=9日、ラグナガーデンホテル

 【宜野湾市】富川盛武副知事は9日、学長を務めた沖縄国際大学の懇談会で「沖縄県経済の発展の可能性について」と題し講演した。「沖縄経済は今、潜在一隅のチャンス。ソフト・ハードのインフラを広げれば発展は見込める。沖縄は日本やアジア全体の経済発展のジャンプ台になる」と語った。

 企業は沖縄に進出することで「アジアなどの巨大なマーケットにアクセスできる」と指摘。「そのための整備に取り組んでいる」と県の施策に自信を見せた。

 今後の経済の発展のため、沖縄はアジアを結ぶ物流拠点や世界水準のリゾート地を目指すべきと提言。需要増が予想される旅客機の整備工場など、航空関連産業の展開や情報通信集約拠点の整備が重点戦略になると指摘した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest