「故郷の人命救いたい」 機動救難士に外間竜太さん 海保那覇航空基地所属の糸満市出身

使用ヘリの前で敬礼する外間さん。京都にある海上保安学校を卒業後、那覇や名護、石垣、宮古の巡視船艇で勤務してきた=10日
使用ヘリの前で敬礼する外間さん。京都にある海上保安学校を卒業後、那覇や名護、石垣、宮古の巡視船艇で勤務してきた=10日

 【那覇】第11管区海上保安本部の那覇航空基地(今井純一郎基地長)は10日、今年4月から訓練を受けていた新任の機動救難士、外間竜太さん(30)=糸満市出身=を実動要員に認定し、同隊員の証である機動救難服(オレンジ服)を貸与した。
 外間さんは、2013年に「海猿」の愛称で知られた潜水士に任命され、沖縄の海の人命救助の最前線に立ってきた。ヘリで移動し、より専門的な救助ができる機動救難士を目指し訓練を積み、今回、正式に隊員として認められた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest