安倍首相「最下位」の扱い 日中関係の重要性低下か

首脳会談で握手する習主席と安倍首相=中国国営テレビより
首脳会談で握手する習主席と安倍首相=中国国営テレビより

 12日の中国国営テレビは習近平国家主席と安倍晋三首相の会談を、この日習主席が行ったチリ、韓国、フィリピンとの首脳会談に続いて最後に報じる「最下位」の扱いだった。中国の「大国化」に伴い、中国にとって日中関係の重要性が低下していることを示した。今後、尖閣諸島問題などの懸案事項で、中国が日本に冷淡な対応を示すことも予想される。
 ニュース番組によると、習主席は安倍首相に対し「行動と具体的な政策で、互いに脅威でないことを示してほしい。歴史問題、台湾問題などは合意に基づき、適切に処理すべきだ」と求めた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest