辺野古移設「沖縄差別」 翁長知事、駐日米大使に批判

会談する翁長知事(写真右)とハガティ米大使=13日、県庁
会談する翁長知事(写真右)とハガティ米大使=13日、県庁

 【那覇】翁長雄志知事は13日、8月に日本に着任したウィリアム・F・ハガティ米大使の表敬を受けた。会談で知事は、日米両政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「(戦後)72年間も基地を置き、美しい海を埋めて新しい基地を造るのは、差別だ」と批判した。東村高江に普天間所属の大型ヘリが不時着炎上したことにも言及し「万が一(同じような事故で)住宅街に落ちて多くの人が亡くなれば、沖縄では日米安保体制は持たない」と危機感をあらわにした。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest