天文学研究協力体制の発展を 石垣で初開催 東アジア若手天文学者国際会議

東アジア若手天文学者国際会議が開かれ、発表する主催者の市川幸平さん=14日午前、アートホテル石垣八重山の間
東アジア若手天文学者国際会議が開かれ、発表する主催者の市川幸平さん=14日午前、アートホテル石垣八重山の間

 東アジア若手天文学者国際会議2017(主催・コロンビア大学・国立天文台所属市川幸平代表)の研究発表会が13日から17日までの日程で開かれている。日本、台湾、中国、韓国が中心となり、ベトナム、モンゴルも加えた6カ国、約80人の学生や研究者が集い、研究成果を発表する。

 市川代表によると、会議は2003年に台湾でスタート。今回6回目を日本で初開催するにあたり、研究者のメンバーから石垣開催の提案があり、若手の発案で企画されたという。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest