「特定失踪者、沖縄で34人」 家族有志の会 藤田副会長が講演

登壇し、家族への思いを語った家族ら(写真左から1人目から3人目)と藤田氏=25日、産業振興センター
登壇し、家族への思いを語った家族ら(写真左から1人目から3人目)と藤田氏=25日、産業振興センター

 【浦添】日本沖縄政策研究フォーラム(仲村覚理事長)は25日、「第4回忘れないで!特定失踪者・全国一斉活動沖縄集会」と題し、講演会を開いた。

 登壇した特定失踪者家族有志の会副会長の藤田隆司氏は「日本には政府が認定していないが北朝鮮により拉致された疑いのある人が883人いる。沖縄では34人確認されている」と紹介した。自分の叔父と兄が特定失踪者と述べ「兄は突然姿を消した。都内にある朝鮮人が経営する病院に監禁され、拉致された。その病院は今も営業している」と紹介。舞台には沖縄の被害者の家族も登壇した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest