理想のこども園探る 川平地区、19年度開園予定 石垣市がワークショップ

基本構想・基本計画策定に関わるワークショップが開かれた=27日夜、川平公民館
基本構想・基本計画策定に関わるワークショップが開かれた=27日夜、川平公民館

 2019年度に川平幼保連携認定こども園の開園を目指す石垣市は川平公民館で27日夜、川平湾、崎枝、吉原、富野地区の住民を対象に「基本構想・基本計画策定に関わるワークショップ」を開いた。出された意見は18年度中に策定予定の基本構想・基本計画の参考となる。参加者は石垣市初となる公立の幼保連携型こども園への意見を出し合った。

 ワークショップは23人が参加。テーマは「川平らしい幼保連携型認定こども園にするためには」。参加者は3つのテーブルを移動しながら、「周辺環境」「川平の特性」「施設の役割と機能」に関する意見を出し、付箋紙で貼っていった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest