鳩間島で台風発電計画 竹富町 〝風の資源化〟実現へ 来年度、留学施設で実証実験

竹富町が鳩間島で地域活性化会議を開いた=11月28日夜、鳩間コミュニティーセンター(町政策推進課提供)
竹富町が鳩間島で地域活性化会議を開いた=11月28日夜、鳩間コミュニティーセンター(町政策推進課提供)

 島民30人余りの島、「鳩間島」を活性化させようと、竹富町が台風時にも発電できる最新の風力発電、「台風発電機」の導入を計画している。順調に計画が進めば、来年度4月開設予定の鳩間島留学施設に台風発電機を設置し、実証実験を行う予定。しけで欠航しやすい鳩間島の風土を生かし、将来的な電気の販売と「電気料金無料の島」を目指す〝風の資源化〟に向けた取り組みだ。

 台風発電機計画は民間企業の協力を得て実現を目指すもの。年度内に企業と協定書を結ぶ予定。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest