バスケW杯、沖縄市開催 23年、新アリーナ高評価

開催地決定に万歳し、笑顔を見せる桑江市長(写真手前左から2人目)=9日、沖縄市役所
開催地決定に万歳し、笑顔を見せる桑江市長(写真手前左から2人目)=9日、沖縄市役所

 【沖縄市】日本バスケットボール協会(三屋裕子会長)、JBA)は9日、2023年に開催予定の「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」予選ラウンドの開催地に沖縄市とフィリピン・インドネシアが決定したと発表した。

 スイスのジュネーブで開かれたFIBA(国際バスケットボール連盟)の中央理事会で決定し、三屋会長が現地で報告を受けた。桑江朝千夫市長ら市幹部は同日午後9時40分ごろ、市役所で連絡を受け、歓声を上げた。

 同市は会場となる1万人収容可能の新アリーナの建設を予定しており、国内候補地選びの決め手になった。関係者らは11日に県庁で記者会見を開き、詳細を発表する予定。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest