米軍「部品の落下なし」 ヘリ離陸前に外し保管 県は説明疑問視

米軍から借りた部品を見せて説明する中嶋局長(右)と説明を受ける富川副知事。落下物にはなかったリボンが実物にはある=11日夜、県庁
米軍から借りた部品を見せて説明する中嶋局長(右)と説明を受ける富川副知事。落下物にはなかったリボンが実物にはある=11日夜、県庁

 【那覇】米軍普天間飛行場所属の米軍機から部品が落下したとされる問題で、沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長は11日夜、県庁に富川盛武副知事を訪ね、米軍から、普天間所属のヘリCH53全12機の部品は、すべてそろっていると報告を受けたことを明らかにした。米軍は発見された部品が落下物である可能性について「ヘリから飛行中に落下したものでない」と否定しているという。今後も米軍に報告を求める方針。

 中嶋氏は米軍から借りてきた実物を富川氏に見せた。米軍は発見された部品は米軍ヘリCH53のものであると認めた。その上で、米軍からは「離陸する前に取り外され、保管されているのを確認したとの報告を受けた」と説明した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest