尖閣問題「居場所に困る」 訪中時対応で翁長知事

翁長知事(右)ら県首脳と参院議員団(左)は県庁で意見交換した。沖縄の経済振興策やインフラ政策なども議論された=18日、県庁
翁長知事(右)ら県首脳と参院議員団(左)は県庁で意見交換した。沖縄の経済振興策やインフラ政策なども議論された=18日、県庁

 【那覇】参院沖縄・北方問題特別委員会(石井浩郎委員長)が18日沖縄入りし、県庁で翁長雄志知事と意見交換した。この中では、翁長知事が訪中時、尖閣諸島が日本固有の領土であることを中国に指摘しているかどうか問われる場面があった。
 山田宏参議院議員は「知事は中国に行かれることが多いが、尖閣諸島の問題をどのように話しているのか」と質問。翁長知事は「(訪問団の主催者側から)地方自治体として交流ができるように話をしてくれと言われた。領土問題の話をすると居場所に困る」と応じた。
 日本政府は公式見解で、尖閣諸島には領土問題が存在しないとしている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest