野党、宮良操市議擁立 年内に出馬表明へ 石垣市長選

 来年3月の石垣市長選に向け、野党の候補者選考委員会(入嵩西整委員長、委員17人)が19日、市内登野城の事務所で開かれ、全会一致で市議の宮良操氏(61)=5期目=の擁立を決めた。野党側は年内の出馬表明を目指す。

 選考結果の報告を受けた宮良氏は取材に対し、「厳粛に受け止めている。あす(20日)の郡民の会の正式決定後にコメントしたい」と述べた。
 この日の委員会は、午後1時30分にスタートし、午後2時30分ごろ終了。選考委によると、市議の長浜信夫氏が宮良氏を推薦した。冒頭には医師で「八重山に軍事基地をつくらせない市民連絡会」の共同代表、上原秀政氏(63)の擁立を白紙撤回した理由も説明された。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest