普天間の運用停止要求 米軍機窓落下で抗議決議 県議会

意見書と抗議決議は、全会一致で決定した=21日、県議会
意見書と抗議決議は、全会一致で決定した=21日、県議会

 【那覇】米軍普天間飛行場(県宜野湾市)に所属するヘリコプターの操縦席窓が、隣接する市立普天間第二小の運動場に落下した事故で、県議会(新里米吉議長)は21日、「これ以上、県民の暮らしが脅かされることはあってはならない」とし、米軍機による学校や病院などの民間地上空での飛行・訓練中止を求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。

 決議と意見書では、落下原因の究明と県民への速やかな公表、民間地上空での同飛行場所属機の飛行・訓練の中止、同飛行場の5年以内の運用停止を求めた。意見書は内閣総理大臣や外務・防衛・沖縄担当の各大臣に当てられ、抗議決議は駐日アメリカ大使や在日米軍司令官、在日米軍沖縄地域調整官、在沖アメリカ総領事などに当てられた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest