わらべうた教材を出版 東竹西教諭が集大成

過去の手作り本(左)と出版された「八重山のわらべうたであそぼう」(右)を手にする東竹西氏=27日、ふくぎの森保育園
過去の手作り本(左)と出版された「八重山のわらべうたであそぼう」(右)を手にする東竹西氏=27日、ふくぎの森保育園

 ふくぎの森保育園(金城まち子園長)の東竹西のりこ教諭(66)が27日午前、同園で、教材「八重山のわらべうたであそぼう」の出版を報告した。同書は東竹西氏がこれまでに手作りした「やえやまのわらべうた」に手遊びやふりの手書きイラストを加えたもので、集大成ともいえる作品。東竹西氏が唄と三線でわらべうたを奏でるCDも付いている。

 同書は「わらべうたを教えたいが、自信がない」という要望と、東竹西氏の「八重山のわらべうたを絶やしてはならない」という思いから出版が計画され、琉球大学の大城學教授に助言を受けて完成した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest