先輩の体験 進路の糧に 中高生50人、大学生と交流

「人生の糧のちゃんぷる~!」と題したイベントが行われ、大学生らと交流する中高生=29日、八重山合同庁舎
「人生の糧のちゃんぷる~!」と題したイベントが行われ、大学生らと交流する中高生=29日、八重山合同庁舎

 石垣島出身の高校生が中高生の進路決定の後押しをするイベント、「人生の糧のちゃんぷる~!」(阿利斎生代表)が29日、八重山合同庁舎で開かれ、6人の学生が海外留学体験などを語った。市内の中高生ら約50人が参加。島の先輩と交流を深め、将来の進路や夢を膨らませた。

 イベントは2部構成で行われ、第1部は学生たちのプレゼン。第2部は参加者と交流会を行った。
 プレゼンでは琉球大学2年の本底曜さんがマレーシア留学での体験談を紹介。海外留学のメリットとして、▽自分のアイデンティティーを外からみる▽外国語の習得スピードが国内より早い―と紹介し、「小さな一歩を踏み出してみよう」と呼び掛けた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest