お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の…

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんの沖縄関連発言が波紋を呼んでいる。漫才のネタで基地問題を取り上げ、本土の人たちの沖縄に対する「無関心」を批判。県紙のインタビューでは「同じ日本人を理解できない人間が中国、北朝鮮、米国を理解できるわけがない。隣のやつを理解しろと思う」と気を吐いた◆出演したテレビ番組では尖閣諸島について「取られてもいい」とした上で、出演者から「(中国が)沖縄を下さいと言ったら、あげるのか」と問われ「(沖縄は)もともと中国から、取ったんでしょ」と答えた。もっとも発言後、ツイッターで反省の弁を述べている◆村本さん発言に、沖縄の反基地派と中国が別個に反応した。漫才を伝えた県紙は「大事なことを伝えてくれた」と見出しをつけ「拍手が鳴りやまなかった」と好意的に紹介した。尖閣発言は中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報電子版が取り上げ、中国人ネットユーザーから「よく言った」「日本の教育最高」といった投稿が相次いだと報じられた◆有名人の政治的発言は、巨大マスコミによって凄まじい勢いで消費され、拡大解釈され、再生産されていく。沖縄に向かい合う村本さんの真摯な気持ちが都合よく利用されてしまっているとすれば、残念な現象だ。