「市民無視の市政止める」 宮良氏が事務所開き 石垣市長選

現市政を厳しく批判する宮良氏=6日夜、登野城
現市政を厳しく批判する宮良氏=6日夜、登野城

 3月11日の石垣市長選に立候補する新人で市議の宮良操氏(61)の後援会事務所開きが6日夜、登野城で多数の支持者を集めて行われた。宮良氏は「私は18年間行政の仕事、20年間議員を経験したが、これほど矛盾だらけで市民の声が無視された政治はなかった」と現市政を厳しく批判、現市政を止めようと訴えた。
 石垣島への自衛隊配備問題については「(沖縄戦から)たった70年で、こともあろうにまた、この島に自衛隊基地が造られようとしている。地方自治を勝ち取る最後の選挙になるかも知れない」と改めて反対を訴えた。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest