「森のこびと」が出現 キノコのような種子植物 与那国の山林

 【与那国】愛称「森のこびと」が12月から島の山林でも見られるようになった。リュウキュウツチトリモチ(ツチトリモチ科ツチトリモチ属)=写真=だ。キノコのように見えるが、花を咲かせ種子を作る種子植物である。

 植物の根に寄生し栄養分を吸収して成長する。頭のように見える花穂には細かい雌花が、首回りは雄花が並ぶ。花穂は甘い香りを放ち、アリやハエなどの小さな昆虫を誘う。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest