キロ平均3千179円 高値安定に生産者ら笑顔 石垣牛枝肉初セリ

石垣牛の初セリが行われた=12日午前、食肉センター
石垣牛の初セリが行われた=12日午前、食肉センター

 JA石垣牛肥育部会(宮良出力会長)による枝肉の初セリが12日午前、八重山食肉センターで開かれ、計14頭分の枝肉がセリにかけられた。最高値は昨年と同じ㌔3千600円にとどまったものの、14頭中13頭が㌔3千円以上で販売されるなど高値安定となり、㌔あたりの平均販売価格は前年よりも216円高い3千179円となった。
 今セリは同部会主催のセリで初めてで、全頭がA―4、A―5ランクの優良牛に。総販売額は2千579万440円と、1頭多い15頭が出品された前年を112万円6千240円も上回った。最高値を付けた牛(2頭)の生産者は大浜雄樹さんと「と~家ファーム」、購買者は㈱高那と金城冷凍食品だった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest