死亡事故 ゼロ継続を 交通安全祈願で約70人

関係者が観音堂で交通事故ゼロを祈願した=12日、市内冨崎観音堂
関係者が観音堂で交通事故ゼロを祈願した=12日、市内冨崎観音堂

 八重山地区交通安全協会(新垣能一会長)主催の交通安全祈願式が12日午後、冨崎観音堂で開かれた。同協会や関係団体ら約70人が参加し、本堂と交通安全地蔵に礼拝。交通死亡事故ゼロや飲酒運転の根絶などを誓った。
 祈願式では新垣会長は、「3年連続死亡事故ゼロを目指している。八重山署を先頭に、諸々の活動をしている人の健康を願って頑張りたい」とあいさつ。
 石垣市交通安全推進協議会会長の中山義隆市長は、「レンタカーの物損事故が増加傾向。交差点でも渋滞が見られ、飲酒、酒気帯び運転で検挙される人が後を絶たない」と現状を指摘し、交通安全意識の機運を高める必要性を述べた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest