砂川氏、予定地変更で調整 受け入れ表明、中山氏先送り 陸自配備 石垣市長選

 石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、3月の石垣市長選に出馬を検討している県議の砂川利勝氏(54)が、防衛省が選定した平得大俣の建設予定地について「地域住民の理解が得られない」として変更を求める方向で政策を調整していることが分かった。砂川氏はこれまで一貫して自衛隊配備を推進する姿勢を示してきた。既に出馬を表明している現職、中山義隆氏(50)は最終的な受け入れ可否の表明を選挙後に先送りする方針。新人の市議、宮良操氏(61)は配備反対を明言している。砂川氏が出馬した場合、陸自配備問題は3氏で明確に対応が分かれることになるが、現予定地での受け入れを明言して戦う候補者は皆無になる。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest