「愛郷愛土」次世代へ 地域挙げて節目祝う 八重農創立80周年

田本徹さんの指揮で、80年前に制作された開校記念歌を斉唱する参列者ら=20日午後、八重農
田本徹さんの指揮で、80年前に制作された開校記念歌を斉唱する参列者ら=20日午後、八重農

 「80年の時を経て 地域をつなぐ稔の力 この先も受け継ぐ『結』の心」をスローガンに、県立八重山農林高校(山城聡校長)の創立80周年記念式典が20日午後、同校体育館で挙行され、在校生や卒業生、地域の関係者らが、八重山の高校で最も長い歴史を誇る同校の節目を祝い、さらなる発展を願った。

 同校は1937年、八重山農学校として開校。47年に県立八重山農林高校に改称した。新たな時代に対応するため、2013年に直近の学科改変を行い、現在のフードプロデュース科、グリーンライフ科、アグリフード科、ライフスキル科の4科体制となった。17年3月までの卒業生は1万1076人を数える。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest