町内就職「3年以内」 経験重ねUターン可 竹富町

 竹富町教育委員会が「ふるさと応援奨学生給付条例」(給付型奨学金条例)に基づく募集要項を19日付けで設置した。奨学生は大学などを卒業後、竹富町内で就職することが条件だが、募集要項では「正規の最短就業期間から3年以内に就職するもの」と明記。「卒業後すぐ町内就職」ではなく、大都市圏などでキャリアを重ねて町内にUターン就職することが可能となっている。

 同条例は町議会で16年に可決したが、17年度の奨学金希望者はゼロ。「条例、規則の内容が読みづらい」、「卒業してすぐ帰るのがネック」との声が挙がっていた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest