陸自候補地白紙が波紋 宮良陣営〝流出〟警戒 砂川氏出馬表明 石垣市長選

 石垣市長選に向け、砂川利勝氏(54)が出馬表明したことで、保守分裂で3つどもえの構図がほぼ固まった。また、主要施策の1つに防衛省の陸自配備候補地、「平得大俣の白紙」を打ち出したことが波紋を広げている。陸自配備反対を訴える宮良陣営は、平得大俣が候補地から外れることに伴う革新支持者の〝流出〟を警戒し始めた。

 砂川氏は出馬表明で平得大俣の白紙について▽住民の合意が得られていない▽於茂登山は島のシンボル―の2つの理由で説明。合意の得られる新たな候補地を探す考えを示した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest