尖閣関連資料など発信 政府、初の領土展示館開設 東京

 政府は25日、島根県の竹島と石垣市の尖閣諸島の関連資料を展示する「領土・主権展示館」を東京・日比谷公園の市政会館にオープンさせた。常設施設として「日本固有の領土」であると国内外に訴えるのが狙い。政府が領土に関する常設の展示施設を設けるのは初めて。
 尖閣諸島関連では、1895(明治28)年1月14日、尖閣を沖縄県の所管とすることを許可する国立公文書館所蔵の閣議決定文書が展示された。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest