稲嶺、渡具知氏の一騎打ち 「オール沖縄」対政権で総力戦 名護市長選

 【名護市】任期満了に伴う名護市長選が28日告示され、現職で3期目を目指す稲嶺進氏(72)=共産、社民、民進、自由、社大推薦、立憲民主支持=と前市議で新人の渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=が立候補を届け出た。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題、市の経済振興、福祉政策などを争点に、7日間の選挙戦がスタートした。翁長雄志知事を中心とした「オール沖縄」勢力が推す稲嶺氏と、安倍政権が推す渡具知氏が激突する構図。選挙結果は秋の知事選を天王山とする県内各種選挙や今後の政局に大きな影響を与える。投開票は2月4日。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest