首相に「いいかげん勇気を」 翁長知事、失言問題受け

 【那覇】松本文明・前内閣府副大臣の沖縄に関する失言を受け、安倍晋三首相が「沖縄の方々に寄り添いながら、基地負担に全力を尽くす」と述べたことについて、翁長雄志知事は29日、「(政府は)『県民に寄り添って判断したい』『米軍にしっかり申し伝えたい』と何十回も何百回も言っている。いいかげん、新しい言葉を出すくらいの勇気を持ってもらいたいと首相には言いたい」と皮肉った。県庁で報道陣の質問に答えた。
 米軍の不祥事が選挙に与える影響については「回数が多過ぎて、何がどうこうという話は言えない。新しい事件が起きて過去の事件が不問に付されていることが続いている」と述べた。