自民、石垣で「総力戦」へ 現職支援、新人陣営は警戒 石垣市長選

 任期満了に伴う3月11日の石垣市長選に対し、自民党県連(照屋守之会長)は「党本部も政府も一体となって、名護市長選と同様に取り組む。名護市長選が終わりしだい、総力戦で選挙に臨む」(金城暁事務局長)としており、推薦を決めた現職、中山義隆氏(50)を徹底的に支援する構えだ。石垣市が尖閣諸島を行政区域に抱える安全保障の要衝で、陸上自衛隊配備計画も進んでいることが背景にある。中山氏に対抗して出馬する新人で同じ保守系の県議、砂川利勝氏(54)、新人で革新系の市議、宮良操氏(61)の陣営は、今後予想される自民党の「物量作戦」に警戒感を強める。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest