新人渡具知氏が初当選 辺野古反対の現職破る 名護市長選

当選確実の報を受け、支持者とともに万歳三唱する渡具知氏=4日午後11時ごろ、名護市の選対事務所
当選確実の報を受け、支持者とともに万歳三唱する渡具知氏=4日午後11時ごろ、名護市の選対事務所

 【名護市】任期満了に伴う名護市長選挙は4日投開票され、新人で元市議の渡具知武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=が3選を目指す現職の稲嶺進氏(72)=共産、社民、社大、自由、民進推薦、立憲民主支持=を破り、初当選した。渡具知氏は米軍普天間飛行場の辺野古移設を推進する安倍政権の支援を受けており、移設阻止を掲げる翁長雄志知事と「オール沖縄」勢力にとって大きな打撃となる。今秋の知事選に向け、自民、公明には県政奪還の足掛かりになりそうだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest