事件推理 社会現象に ネット誤報で混乱も 真栄里殺人事件

殺人事件の現場ではこの日も規制線が張られていた=7日、市内真栄里
殺人事件の現場ではこの日も規制線が張られていた=7日、市内真栄里

 市内真栄里で殺人事件が発生して7日で3日目が経った。石垣市民の間では早期解決を願う一方、インターネットの匿名掲示板やSNSなどを通して、事件の推理が社会現象となっている。ネット上では「犯人が逮捕された」などの誤報や、真偽の定かでない情報が飛び交い、混乱を招く場面も出ている。
           (玉津盛昭)
 ■「犯人が逮捕」
 「捕まったみたいですね」(6日午後2時52分)。「出頭したってよ」(6日午後9時00分)。
 匿名投稿サイトをのぞいてみると、犯人が逮捕されたような書き込みが踊る。
 これらの情報を聞いて6日午後、八重山警察署に記者たちが駆けつけたが、同署は逮捕を否定。
 書き込みは誤報だった。投稿サイトには、「~が犯人」などの憶測も記されている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest