「台湾復興に支援を」 石垣市 地震募金活動を開始

募金箱設置をPRする中山市長と前底市民保健部長=8日午後、市役所
募金箱設置をPRする中山市長と前底市民保健部長=8日午後、市役所

 日本時間7日未明に発生した台湾東部地震の被災地復興を支援するため、石垣市は8日、市内3カ所に募金箱を設置した。

 設置場所は市役所入口、市立図書館、健康福祉センターの3カ所。このほか、市内各企業、団体などで取りまとめた募金の送金も市役所市民生活課(℡82・1253)で受け付ける。期間は3月30日まで。

 募金箱設置にあたり、中山義隆市長は「与那国町が花蓮市と、石垣市が蘇澳鎮と友好都市を締結するなど、台湾東部は八重山と深い付き合いがある。被害が大きいと聞くが、復興に向け力となりたい。市民の皆さんの気持ちを寄せてほしい」と述べた。