山田貴志君(平真小)県知事賞 2年連続、フナムシの研究で 青少年科学作品展

フナムシ研究に余念のない山田君(家族提供写真)
フナムシ研究に余念のない山田君(家族提供写真)

 10日から開催される沖縄青少年科学作品展(主催・沖縄電力)で、石垣市から山田貴志君(平真小5年)が昨年度に引き続き県知事賞を受賞することが決まった。

 研究題材も去年と同じ「フナムシ」。山田君は昆虫記で有名なファーブルのようにじっと虫を見るのが好きだという。フナムシを研究しようと思ったきっかけは「本にフナムシは海にいるけど水が苦手と書かれているお父さんから聞き、興味を持ったから」。実際に水を入れた容器に木製のいかだを浮かべ、フナムシの動きを調べた。水にいたのは5%で、ほとんどは壁に貼り付いていた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest