知財活用で産業振興へ 日弁理士会と協定結ぶ 石垣市

知的財産の活用による産業振興のための協力に関する協定を結んだ中山市長(左)と渡邉会長=13日、市役所庁議室
知的財産の活用による産業振興のための協力に関する協定を結んだ中山市長(左)と渡邉会長=13日、市役所庁議室

 日本弁理士会の渡邉敬介会長らが13日午前、石垣市役所を訪れ、「知的財産の活用による産業振興のための協力に関する協定」を中山義隆市長と締結した。知的財産は知的活動によって生み出された発明、アイディア、ロゴマークなど。今後同会は、島特産品ブランドの商標登録支援やセミナー開催などを予定している。同会が協定を結んだ自治体は石垣市が32番目。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest