廃プラ焼却で延命案 公害防止協定めぐり議論 ごみ処理施設で意見交換会

ごみ処理施設に関する地域住民説明会が開かれた=14日夜、名蔵公民館
ごみ処理施設に関する地域住民説明会が開かれた=14日夜、名蔵公民館

 石垣市一般廃棄物処理基本計画の見直し作業を進めている石垣市は14日、名蔵公民館で「ごみ処理施設に関する地域住民説明会と意見交換会」を開いた。新設、民間委託、現施設の延命化の3案のなかで、延命化案を重点的に紹介。同案は最終処分場のごみを掘り起こし、「もやさないごみ」の廃プラスチック、ゴム製品、革製品を破砕して焼却するもの。住民からは「公害防止協定にはプラ類は燃やさないとある」など異論があった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest