無線で事件続発防ぐ 2市町が八重山署と覚書

覚書に署名した(左から)中山市長、与那嶺署長、西大舛町長=15日、八重山署
覚書に署名した(左から)中山市長、与那嶺署長、西大舛町長=15日、八重山署

 地域住民の安全安心の確保に万全を期すことを目的に、石垣市と竹富町は15日、八重山警察署と「重要凶悪事件等の発生時における防災行政無線の活用に関する覚書」を締結した。殺人、強盗、放火などの事件や事故発生時、防災行政無線を通して住民への情報伝達を一斉に行うことによって、事件の続発を防ぐことが期待されている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest