「対話重視」の島づくり 砂川氏が政策発表 石垣市長選

石垣市長選へ向けた政策を発表する砂川氏(中央)=16日、後援会事務所
石垣市長選へ向けた政策を発表する砂川氏(中央)=16日、後援会事務所

 3月の石垣市長選で、新人の県議、砂川利勝氏(54)が16日、後援会事務所で記者会見し①防衛省が選定した自衛隊配備予定地の平得大俣の白紙化②新庁舎の設計見直し③経済振興で均衡ある島の発展―の3項目を柱とした政策を発表した。このうち自衛隊配備計画は、住民合意が得られる場所で推進する方針を表明。全小中学校へのクーラー設置や、市役所の大胆な機構改革も打ち出した。キャッチフレーズに「対話で創る島づくり」を掲げた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest