砂川氏、設計変更へ 見直し可能性に言及、宮良氏

 石垣市が進める新庁舎建設をめぐり、市長選に出馬表明した砂川利勝氏が設計の見直しを打ち出し、宮良操氏も現状を精査した上での見直しの可能性に言及した。両陣営は事業費の高騰を懸念しており、新庁舎建設計画は、自衛隊配備問題などと並ぶ争点に浮上している。

 事業費は当初、60億円規模とされていたが、砂川陣営は「事業費は最終的に80億円超規模と試算され、市の負担額は40億円を超える。市の財政を圧迫する」と批判。具体的な設計見直しの内容については「機能性を重視し、身の丈に合ったものにする」(砂川氏)とコスト削減の必要性を指摘した。現在の設計は白紙化する構えだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest