格安販売に長蛇の列 セリ施設内 解体ショーが大盛況 お魚まつり

約50キロあるキハダマグロの解体ショーが行われた=18日午前、八重山漁協
約50キロあるキハダマグロの解体ショーが行われた=18日午前、八重山漁協

 第16回お魚まつり(主催・八重山漁協)が18日、同漁協セリ施設内で開かれ、格安の魚介類を求める多くの人たちでにぎわった。マグロの解体ショーやタッチプールなど恒例のイベントでは、普段見ることのできない大きな魚に子どもたちが歓声をあげた。

 まつりは魚介類の地産地消と消費拡大を目的に行われるもので、マグロが100㌘100円、ミーバイの中サイズが1500円など、新鮮な八重山産の魚介類が市価の半値近くで販売され、来場者らが列をなした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest