「手間がかかる作業」 伝統の黒糖づくり体験 宮良小

黒糖づくりを体験する子どもたち=25日午前、宮良小
黒糖づくりを体験する子どもたち=25日午前、宮良小

 宮良小学校(桃原修校長)の伝統行事「黒糖づくり」が25日、同校で行われ、5年生の児童24人や父母らが、サトウキビが黒糖に変化するまでの過程を体験した。
 今年で38年目を迎える郷土学習。事前に学校の畑で、児童がサトウキビを収穫した。この日は地域住民の半嶺重行さん(63)の指導を受け、サトウキビを圧搾機にかけて絞り、汁を鍋に入れて煮込んだ。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest