島産食材の活用法探る 石垣市がレシピブック制作

レシピを開発した(右から)遠藤シェフと本多料理長=27日午後、健康福祉センター
レシピを開発した(右から)遠藤シェフと本多料理長=27日午後、健康福祉センター

 地元食材の活用と新たな食の魅力創出を目的に、石垣市企画政策課はこのほど、レシピブック「家庭でいかせる石垣島食材」を制作した。健康福祉センターでは27日、制作に協力した2人の料理人を招いての料理教室が開かれ、高校生から一般までの14人がフレンチ・中華の5品を学んだ。

 レシピ開発に協力したのは、グランハイアット東京「けやき坂」料理長の本多良信さんと、「町家四川 星月夜」(京都)オーナーシェフの遠藤浄さん。市企画政策課の田福雪恵さんによると、2人は職場でも石垣島産素材を生かしたメニューづくりに取り組んでいることから、レシピ開発を依頼した。

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest