「施行半年以内は適用外」 石垣島自衛隊配備などで県 環境アセス案、10月の施行目指す 県議会一般質問

 【那覇】県議会2月定例会の一般質問で、野党から県が進める環境アセス条例の一部を改正する条例案について質問が相次いだ。県執行部は内部で検討した結果、施行の日から6カ月までに実施された工事は条例を適用しないと答弁。2018年10月1日に同条例の施行を目指すことを明らかにした。

 27日に質問した沖縄自民党の座波一氏は、同改正案が自衛隊が進める石垣島など南西諸島への自衛隊配備計画の障害になりかねないとし、「領空・領海の防衛が国民の生命・財産を守り権益に必要と県が判断するなら配慮する必要がある」と指摘した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で

http://www.shimbun-online.com/latest